プロフィール

ぽっぽ

Author:ぽっぽ
Suicaのぺんぎんと電車に乗って旅をしたり、美味しいものを食べたりと、楽しい毎日を送っています。好物は駅弁です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ランキングに参加してます

応援ありがとうございます

日本には絶景が広がる美しい駅があります。
その中の1つがここ!
新潟の青海川駅(おうみがわ駅)です。
170913_ペン20


越乃Shu*Kuraの電車旅の中でも大きな見どころ。
170913_ペン12 

青海川駅は、名前の通り、電車を降りると、目の前に
美しい日本海の絶景が広がる駅なのです。
170913_ペン13

お天気もばっちり快晴!
170913_ペン14


きれいな景色に、おいしい空気♪
大好きな駅の1つ♪
170913_ペン19

駅のホームでもジャズ演奏を奏でてくれ、なんて優雅な気分~
170913_ペン16

青い空も、青い海も似合う越乃Shu*Kura。
170913_ペン17

しっかり海の景色を目に焼き付け・・・
170913_ペン18

青海川駅を出発。
170913_ペン15


こうして、越乃Shu*Kuraは、終点の上越妙高に到着。
今回も楽しい楽しい電車旅でした。
170913_ペン21

信州・新潟の電車旅レポートを読んでいただきありがとうございました~

十日町から越乃Shu*Kuraの電車旅スタート。
170913_ペン5



早速、イベントスペースのカウンターテーブルで
日本酒をいただいちゃいます☆

日本酒の飲み比べセットと鮭の酒びたし。
心地よい電車の揺れに身を任せ、のどかな景色を見ながら
日本酒をくいっ☆
170913_ペン1

日本酒の違いをこんなに楽しめる機会なんて、そうそうないですよね。
しかも電車に乗りながら♪
気分るんるんで、おいしい日本酒を呑んで呑んで、
あぁ楽しい~!
170913_ペン9

時々、ふるまい酒もあります。
アテンダントの方が、一升瓶をもって、お客さんのところを
回って、試飲させてくれます。
170913_ペン10

こういうサービスは特にテンションあがる♪
前に購入した越乃Shu*Kuraオリジナルのマイおちょこに入れてもらいました。
170913_ペン11

その頃、小さいぺんぎんくんたちは、車窓の景色に夢中。
170913_ペン4

ぺんぎんくんたち、お酒だけじゃないよー。
楽しいイベントも盛りだくさん。

地元の方によるジャズ演奏を目の前で奏でてくれます。
とっても素敵な女性3人組の方々による演奏は、優しい音色で心がほっこり。
リクエストも可能!”銀河鉄道999”を演奏していただきました~
170913_ペン2 

こちらは、酒米と酒粕のマリアージュを提案してくれるイベント。
酒米とは、日本酒醸造の原料として適したお米。
食用とは別に専用のお米があることを初めて知りました。
新潟だと、五百万石と呼ばれる酒米が有名だそうです。
170913_ペン6
そんな酒米を使って作ったクラッカーと、酒粕を使ったアボカドディップ。
実際、新潟にある佐藤さんのアトリエ「シーズキッチン」で販売しているもの。
日本酒大国の新潟ならではの、楽しみ方ですね~

小さいぺんぎんくんたちも興味しんしん。試食OKだよ~
170913_ペン7

酒米や酒粕の独特の風味を楽しみながら、いただきました!
170913_ペン8

地産地消!
新潟ならではのお酒や食べ物、文化を、地元の方の協力も
得ながら提供してくれるのが、越乃Shu*Kura。
やっぱりいいなぁ~越乃Shu*Kura。


次回がラストレポート。
残された少ない時間をたっぷり楽しみまーす。
170913_ペン3


信州・新潟列車の旅。
最後の列車は、「越乃Shu*Kura」
過去に何度も乗ってきた越乃Shu*Kura。
何回乗っても、遠くても、やっぱり何度も乗りたくなる電車。

何度も乗って慣れているけれど、十日町のホームに来ると、
初めて乗るようなわくわく感でいっぱい。
170912_ペン1

入線!越乃Shu*Kura☆
新潟で日本酒を一番楽しく飲める電車!!
170912_ペン9

さぁ、乗車!!

170912_ペン8

指定席の座席はありますが・・
170912_ペン3

わたちたちが一番楽しく過ごせるのは、ここ!
イベントスペース!
170912_ペン4

ぺんぎんくんたちも酒樽風のテーブルを早速陣取ってスタンバイ☆
このスペースで日本酒を飲みながら、車窓の風景をのんびり眺め、
蔵元イベントや地元のミュージシャンの生演奏を楽しむのが、至福の贅沢。
170912_ペン5

日本酒やおつまみは、このカウンターで購入可能。
170912_ペン6


びゅう商品で予約すると、テーブルつきの座席で、
食事やお酒をゆったり楽しむこともできます。
いろいろな楽しみ方ができるのも越乃Shu*Kuraの魅力。
170912_ペン7

カメラのシャッターのかけ声は、”ハイ☆しゅーくら☆”
170912_ペン10

今回はどんなShu*Kura旅になるなぁ~
170912_ペン11

十日町から上越妙高に向けて、スタート!!!
170912_ペン12


つづく。


飯山線おいこっとに乗って、長野駅から十日町駅へ。
長野県を一気に駆け抜け、新潟県へ入りました~

ここで、長野と新潟の駅弁を紹介♪
長野の「ソースとんかつ弁当」!
170831_ペン3

がっつり食べたいときにはおすすめの駅弁。
170831_ペン6

白飯とキャベツ千切りととんかつのシンプルな組み合わせ。
別添のソースがポイント!
甘しょっぱい濃厚なソースが食欲をかきたてます!
170831_ペン8

長野の駅弁が肉!に対して、新潟の駅弁はおさかな♪
越語湯沢駅の「かにずし」です。
170831_ペン4

170831_ペン5

魚沼産コシヒカリ使用!
酢飯の上に、ズワイガニ・椎茸煮・錦糸卵等がのったちらし寿司。
贅沢なことを言えば、もう少し具材がのっててほしかった・・
170831_ペン7

十日町駅では、手書きのSuicaペンギンを発見!
こんなところでペンギンさんに会えるとは驚き☆
ちょっと太めのまるっとしたペンギンさん、かわいい~
170831_ペン1

さあ、これから我が家で大人気の電車に乗ります!

170831_ペン2
越乃Shu*Kuraなり~

つづく。

飯山線「おいこっと」
コンセプトは、”日本人のこころのふるさと”を代表するローカル線。
田園風景や川や山など、日本人が思い描くふるさと(田舎)を
イメージした「TOKYO」を反対表記にして、ひらがなで”「おいこっと」と
命名したそうです。

そんな「おいこっと」の車両は、魅力いっぱい。
改めて、おいこっとの外装・内装をご紹介しまーす☆
170830_ペン5

おいこっとの車両アイコンは、雪ん子ちゃん♪
170830_ペン17

えんじ色のおちついたデザイン。
車両には、雪ん子ちゃん以外にも気になるアイコンが等間隔で描かれていました。
これらは、高野辰之氏作曲の「故郷」の歌詞に合わせたもの。
170830_ペン7

<故郷①>
追いし~
170830_ペン8

♪かの
170830_ペン9

小鮒釣りし~
170830_ペン10

♪かの
170830_ペン12

♪夢は今もめぐりて~忘れがたき故郷~

<故郷②>
♪如何にいます~ 父母
170830_ペン13

♪恙なしや~ 友がき
170830_ペン14

につけても~
170830_ペン15

170830_ペン16

♪思ひいずる~ ふるさと~


なつかしい「故郷」を思わず口ずさみたくなってしまうおいこっと。
改めて、歌詞がじーんと心に響きます。

古民家風の内装。
少し暗めの照明で、障子風のデザインがなんだかほっとします。
170830_ペン4 


素敵な乗車記念カードをいただきました!
乗車記念印は、雪ん子ちゃん。楽しい思い出になったなぁ~
170830_ペン1 


飯山線は、おいこっと以外にも、楽しいデザインの車両があります!
おいこっと旅の途中でみかけた車両たち。

年季の入った飯山線車両のイメージを払拭するようなポップなデザイン。
雪ん子が春夏秋冬の季節を楽しんでいるデザインでした。
170830_ペン2

170830_ペン3


こちらは、青を基調とした車両。
なんと、この車両では、車内で写真展を開催しているそうです。
170830_ペン6

残念ながら中まで見ることはできませんでしたが、
四季折々の飯山線の風景の写真が飾られていたそうです。
170830_ペン18


魅力いっぱいの飯山線をたっぷり満喫できたのでした~


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |  NEXT»»