プロフィール

ぽっぽ

Author:ぽっぽ
Suicaのぺんぎんと電車に乗って旅をしたり、美味しいものを食べたりと、楽しい毎日を送っています。好物は駅弁です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ランキングに参加してます

応援ありがとうございます

秘境を走る只見線。
見るだけでなく、やっぱり乗ってみたい!

ということで、キャンプ最終日に乗りに行ってきました!

向かったのは、会津川口駅。
会津川口駅に着くと、駅前では飲食店等のブースが並びイベントが
開催されてにぎわっていました。
風っこ只見線新緑号170526_ペン10

地元のゆるキャラまで登場~かぼまるくんです。
風っこ只見線新緑号170526_ペン9

なぜこんなににぎわっているかって・・・

5月4日~6日は、臨時電車「風っこ只見線新緑号」の運行日。
春と秋の2回しか走らないとっても貴重な臨時電車なのです。
この日はちょうど初日!
新緑の季節を走る風っこ只見新緑号を祝って、イベントが開催されていたのです。

会津若松を10時15分に出発した風っこ只見線新緑号が
終点の会津川口駅に着いたばかりのタイミングで、ちょうど停車していました。
風っこ只見線新緑号170526_ペン3

素敵な車両!!
名前の通り、新緑の季節にぴったりのデザイン!
青い空の下ですごく映えるな~

トロッコ風車両
風っこ只見線新緑号170526_ペン5

難燃木材を使用したボックス席。
もちろん、側面にはガラス窓が一切ありません!
170526_ペン8

風っこ只見新緑号、まだ座席が余っているとのことで、
予定を変更した途中駅まで乗ることにしました!!
だって、この車両を見ていたら、乗らずにはいられません♪

会津川口駅~会津坂下駅までのたった4駅の只見線の旅。
指定席券は駅員さんの手書き。
風っこ只見線新緑号170526_ペン12


出発間際になると、ゆるキャラたちがお見送りをしに、
ホームにやってきました~
昭和村のゆるキャラ「からむん」と只見線♪
風っこ只見線新緑号170526_ペン1 


金山町のゆるキャラの「かぼまる」と只見線♪
風っこ只見線新緑号170526_ペン2


こうしてたくさんの人にお見送りしてもらいながら
風っこ只見線新緑号の旅スタート~!!!!
風っこ只見線新緑号170526_ペン6



福島の会津若松から新潟魚沼を結ぶJR只見線。
絶景を走る秘境電車として有名な電車です。
普段乗ること専門の私たちですが、秘境を走る姿を見たさに、
撮影スポットまで足を運びました~

撮影スポットはここ! 道の駅尾瀬街道みしま宿
只見線の撮影170527_ペン12

只見線のビューポイントの案内が丁寧に載っていました♪
全部で3か所。横道を登っていこう~
只見線の撮影170527_ペン3


<ビューポイントB>
只見線の撮影170527_ペン5


只見線の撮影170527_ペン4

<ビューポイントC>
只見線の撮影170527_ペン7


只見線の撮影170527_ペン8

<ビューポイントD>
ここが一番標高が高く全体を見渡せるスポット。
素晴らしい景色!!
天気がよかったので、鉄橋の影がくっきり川に只見川に映っていますね♪
只見線の撮影170527_ペン11


あの鉄橋を只見線が走る瞬間を見たいね!
電車がくるまで、景色を楽しみながら待ちましょう~
ぺんぎんくんたちもわくわく♪
只見線の撮影170527_ペン9

そして、そして!!こちらが秘境を走る只見線!!!
只見線の撮影170527_ペン1

ベストショットが撮れました!
この景色をずっと見たかったのだ~ うれしい!!
只見線の撮影170527_ペン2

こんな素敵すぎる只見線ですが、
新潟福島の集中豪雨によって、会津川口駅と只見駅の間の7駅区間が、
2011年7月以来不通となって、ずっと復旧の見通しが立っておりませんでした。
(不通の区間は代行バスで運行)

しかも1日6本ぐらいしか運行しない超ローカル線なので、乗りたくても
簡単に乗るのは難しい電車になってしまいました。


約6年間、一部区間不通の只見線。巨額の復旧費用をどこが負担するのか、
どこから捻出するのか簡単に答えがでる問題ではありませんでしたが、
昨年末から2020年度を目標に運転再開する方向で復旧事業が動き始めました!!
うれしいニュース!
只見線の復旧、心から願っています☆



見どころいっぱいの会津鉄道。
楽しい車両や名物ねこ駅長を見ることができましたが、
なんといってもやっぱり車窓の景色が最高でした♪

お座敷車両でゆったりくつろぎながら、電車旅スタート~
会津鉄道の車窓170514_ペン1

車内には会津鉄道グッズや軽食、飲み物等の売店もついています。
会津鉄道の車窓170522_ペン4

そこで購入したのは、会津鉄道名物「大人のポッポ豆」!!
スパイシーなポッポ豆です。
会津鉄道の車窓170522_ペン5

まだ会津鉄道に乗ることを夢見ていた2015年の10月にさかのぼりますが、
日比谷公園の”鉄道の日”のイベントで会津鉄道ブースで発見したポッポ豆。
名前に親近感を覚えて購入。
会津鉄道の車窓160204_ペン1

いつか会津鉄道に乗りながらポッポ豆を食べたいなぁと妄想したながら、
おうちで食べた当時のことを思い出しました。
会津鉄道の車窓160204_ペン3

その時の記事はこちら↓
http://hiropo1228.blog.fc2.com/blog-entry-774.html


会津鉄道に乗りながら、ポッポ豆を食べることが実現できたことに
うれしくなりました☆
やっぱり現地で食べるポッポ豆はおいしい~!!

西若松駅を出発し、住宅地を抜けると、次第に川の景色が広がっていきます。

まだ山には桜が残る中で、ゆったりと流れる雄大な川が見えてきました。
会津鉄道の車窓170522_ペン7


青い空、橋、川。いいなぁ、この景色♪
会津鉄道の車窓170522_ペン1

橋の光景もいいですよね。
会津鉄道の車窓170522_ペン9


のんびりと会津の自然を感じ、とっても気持ちがいい鉄道旅。

ホントは終点まで行きかたったけれど、時間がなかったので
途中駅の会津下郷駅で上り電車に乗り換え。
会津鉄道の車窓170522_ペン10


上り電車はAIZU快速マウントエクスプレス。
会津鉄道の車窓170522_ペン2


真っ赤な車両が特徴のAIZU快速マウントエクスプレスは、
会津若松から鬼怒川温泉やその先の東武日光まで結んでいる特別電車。

会津鉄道の車窓170522_ペン3


あかべこさんもついています♪
会津鉄道の車窓170522_ペン11

写真は撮れませんでしたが、中はリクライニングシートで優雅な空間でした。
日光で楽しんできたであろうお客さんでいっぱい。
AIZUマウントエクスプレスで、日光経由で会津を旅するプランも楽しそう~

途中駅にも観光スポットがたくさんあるので、今度は時間をかけて
会津鉄道をじっくり楽しでみたいなぁ~


とっても素敵な会津鉄道でした☆☆



福島県の西若松駅から会津高原尾瀬口を結ぶ会津鉄道。
会津鉄道は、にゃんこだらけの素敵な電車♪
会津鉄道のねこ駅長170521_ペン1 

なぜ、にゃんこだらけかというと、有名なねこ駅長がいるから!
その駅長さんは芦ノ牧温泉駅にいます。
駅舎の出口の上の部分には”ねこが働く駅”という看板を発見。
会津鉄道のねこ駅長170514_ペン12

駅舎の中にねこ駅長さんがいましたが、ねこ駅長さんのストレスに
なってしまうので写真撮影はNGということで、看板の写真で紹介。
こちらは名誉駅長の”ばす”
会津鉄道のねこ駅長170514_ペン9

そして、2代目名誉駅長の”らぶ”
会津鉄道のねこ駅長170514_ペン10

駅長の帽子をかぶってとってもかわいいねこちゃんでした。
この駅長ねこを見るために降りる人もたくさんいるほど有名ねこ。

そんな駅長ねこにちなんで、電車の外も中もねこだらけ。

にゃーーーー。
会津鉄道のねこ駅長170514_ペン13

じーっと覗き込むねこ駅長
会津鉄道のねこ駅長170514_ペン14

車内にはねこの足跡だらけ。
会津鉄道のねこ駅長170521_ペン2

会津鉄道のねこ駅長170514_ペン3

ここにも!
会津鉄道のねこ駅長170514_ペン4 


まさに、にゃんこ鉄道!
そんな楽しい電車で、西若松から会津下郷まで会津鉄道の旅を楽しみました。

詳しい鉄道レポートは、次回お送りしまーす☆



奥会津でのキャンプは一旦中断して、ここからは電車旅へ。
車で西若松駅に到着。

ここから会津鉄道に乗りました!
今回乗れたのは、お座敷車両とトロッコ車両と展望車両が1つになった
お座トロ展望列車。私たちは、お座敷車両に座りました~
ゆったり広めで座布団が敷いてあるお座敷風の車両。
足を伸ばせて、楽々とくつろぎながら、会津鉄道の旅がスタート♪
会津鉄道お座トロ展望列車170514_ペン1


GW時期の会津鉄道は、最高に素晴らしかった!!
なぜかって、会津はまだまだ桜がきれいに咲き誇っている時期。
”桜と会津鉄道” まさに今しか見れない鉄道風景♪

これは、途中停車した芦ノ牧温泉駅で撮影したもの。
 会津鉄道お座トロ展望列車170514_ペン7


会津鉄道お座トロ展望列車170514_ペン11


ベストショットはこの1枚♪
再び、ここ会津で桜の景色に巡り会うことができたことにうれしくなりました。
会津鉄道お座トロ展望列車170514_ペン8

穏やかな空気が漂う中で、素敵な光景に心がほっこり☆
会津鉄道、楽しいなぁ!!!



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |  NEXT»»