プロフィール

ぽっぽ

Author:ぽっぽ
Suicaのぺんぎんと電車に乗って旅をしたり、美味しいものを食べたりと、楽しい毎日を送っています。好物は駅弁です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ランキングに参加してます

応援ありがとうございます

今、両国駅の3番ホームがとってもホットな場所になっています。
臨時電車しか止まらなくなっていまった幻の3番ホームが、
今だけ餃子屋さん「ギョーザステーション」になっています。

1・2番線のホームから見ると、駅のホームが大衆酒場のような雰囲気に!
両国駅の餃子_170725_ペン3


これは、味の素の冷凍餃子45周年を記念して企画されたイベント。
駅のホームで、自分たちで味の素の冷凍餃子を焼いて食べて楽しむという内容。

3番ホームはこちらでーす☆
両国駅の餃子_170725_ペン4

お腹がすいてきた・・・・
両国駅の餃子_170725_ペン20


このイベント、かなり話題を呼び、大盛況。
17時オープンで、17時45分ごろ到着すると、もうすでに3時間待ち・・・
しかも19時前には、入場を締め切り。
待ち時間に断念して帰る人や遅めにきて入場できなかった人など数多く見ました。
(ちなみに、日によりますが、早い人は16時ぐらいから並んでいるそうです)


あまりの人気ぶりにかなり驚きましたが、暑さと戦いながら待つこと3時間。
待ち時間はこのうちわでだいぶ助かりました。
”イザ ギョーザ!”
両国駅の餃子_170725_ペン17

ついに順番がきました!
階段を上り、駅のホームへ♪
 両国駅の餃子_170725_ペン5


ホームの提灯には、手書きで様々なメッセージ入り。
いい感じのムードを演出していました~
両国駅の餃子_170725_ペン6

こちらのカウンターで会計して、餃子と飲み物等を受け取ることができます。
両国駅の餃子_170725_ペン13


冷凍餃子とビールと粗品のセット。
テーブルにはガスコンロとフライパンが用意されています。
さぁ、呑みながら焼きましょう~
(45分制です)
両国駅の餃子_170725_ペン7


焼き方は簡単。
自宅で冷凍餃子を焼くのと同じ手順。
両国駅の餃子_170725_ペン8

うんうん、いい感じ!
両国駅の餃子_170725_ペン10

はい、完成! きれに焼けました。
わが家はパリパリにしっかり焼いた餃子が好き。
両国駅の餃子_170725_ペン11


餃子とビールと電車とぺんぎん。
両国駅の餃子_170725_ペン1


反対ホームには総武線の黄色い電車。
通勤帰りのサラリーマンでごった返している電車を横目にホームで餃子♪
両国駅の餃子_170725_ペン9



駅のホームで食べる餃子はなぜかおいしい。
自宅で食べる冷凍餃子の味を超えていました。
不思議なものだ・・
両国駅の餃子_170725_ペン2
ただ、待ち時間だけはもう少し減らす工夫をしてもらえるとよかったなぁ。

たらふく餃子を食べ、満足満足!

ごちそうさまでした~
貴重な体験ができました!
両国駅の餃子_170725_ペン14

最後に餃子フェアリーちゃんと記念撮影♪
170725_ペン15


3番線臨時ホームにも初めて入ることができて、よかったなぁ~
両国駅の餃子_170725_ペン19 



あぁ、お腹いっぱい!
暑い中長時間並んで、とっても疲れたけれど、
駅のホームで餃子は楽しかったなぁ~
両国駅の餃子_170725_ペン21

ギョーザステーションは7月28日までです。
行こうと思っている人は覚悟をもって、早めに行くのがおすすめです。


小淵沢駅の1階にある”MASAICHI本店”
170722_ペン3
駅弁やお土産物などを豊富にそろえております。

そんなMASAICHI本店で、日本中でここでしか買えないものが売っています。
それは、汽車土瓶!
昔は駅弁と一緒に売られていた汽車土瓶ですが、取り扱いの大変さなどが理由で
簡単で安価なポリ茶瓶に変わり、その後、缶やペットボトルの時代へ。
汽車土瓶を購入できるのは、ここ小淵沢駅のみとなってしまったようです。
170722_ペン1 

汽車土瓶を購入すると、無料でお茶のティーパックとお湯を入れてくれます。
うれしいサービス♪
170722_ペン2

新駅舎になっても、汽車土瓶のサービスは続いているみたいですね。
よかった、よかった!
あとで電車の中で、ゆっくり飲もうっと!


駅舎のテラスへ。
この日は快晴!!なんて気持ちがいいんでしょう~
170722_ペン4

眼下に見えるのが、これから乗る小海線のホーム。
170722_ペン5


八ヶ岳等の山々を背景に、記念撮影をぱしゃり。
ぺんぎんくんたちも、おいしい空気をすってご満悦。
170722_ペン6


これから、小海線の話題の電車「HIGHRAIL1375」に乗るのだ~
楽しみすぎるっ!

つづく。

7月3日に新駅舎に生まれ変わった小淵沢駅。
新駅舎完成をお祝いして、”極上生信玄餅”を限定発売!

駅舎リニューアル当初に訪れた際には、
売り切れていて残念な思いをしましたが、
今回は運よく見つけることができました!!

食べたかった生信玄餅☆
2階の駅そば丸政の前で販売。
生信玄餅_170721_ペン1


金精軒製菓の生信玄餅(1400円)
小淵沢駅がある北杜市で収穫された梨北米100%で作られた生信玄餅。
本物のおいしさを追及して賞味は3日という、かなりこだわった商品。
しかも、山梨県産のヒノキの箱入り♪
生信玄餅_170721_ペン2

ヒノキの香りで癒されるなぁ~
生信玄餅_170721_ペン3

生には生信玄餅が5個。
生信玄餅_170721_ペン4


いただきま~す!!!
生信玄餅_170721_ペン5


黒蜜ときなこをたっぷりかけます。
ぱくっと一口か二口で食べられちゃう大きさです。
生信玄餅_170721_ペン6


うん!!おいしい!!
口の中でとろける信玄餅なんて初めて。
やさしい甘さが口いっぱい広がり、まさに極上の味♪
生信玄餅_170721_ペン7

生信玄餅のおいしさにはまってしまいそうです。

続きを読む>>

7月16日と17日の2日間で山梨⇒長野⇒新潟を電車旅してきました♪
大活躍したのは週末パス!
土日祝の2日間で、関東と南東北のJR路線が乗り放題で8730円とお得!
電車に乗りまくる私たちには、ありがたい切符です。

電車旅は、新宿から乗った7時18分発の特急あずさからスタート!

旅のはじまりは駅弁から♪
新宿駅南口のコンコースで購入した駅弁です。
170720_ペン1 

行き先の駅弁を買うのが一番テンションあがりますよね。
丸政の”信州名物 野沢菜入りかつサンド”を購入。
170720_ペン2

長野県産豚を使ったかつ。
かつ×野沢菜って、初めて食べる組み合わせ!
野沢菜とかつってけっこう合うんだなぁと驚き。
添えつけのマヨネーズを少しずつつけて食べると、さらにおいしさUP。
170720_ペン6


もう1品は、岩手県一ノ関の駅弁。
斎藤松月堂の”鶏舞弁当”の復刻版。
舞鶴とは、一ノ関に伝わる郷土芸能「南部神楽」。
夜明けを待っていた鶏たちが喜び、叫び、舞い踊る様を表現した掛け紙です。
170720_ペン3

中身は、茶飯の上に香ばしい鶏の照り焼きとシソ巻き・笹かまぼこ。
椎茸の煮物と漬物も添えられています。
170720_ペン4

しっかり味のついた鶏の照り焼きがおいしかったなぁ~
ぺんぎんたちも大好物♪朝から食欲が進みます♪
170720_ペン5

ご当地ビールもあけちゃいまーす♪
軽井沢ビールと諏訪浪漫ビール。
170720_ペン7

朝からハイテンションで楽しくなっちゃっているうちに、山梨県へ突入。
9時30分、小淵沢駅に到着!
170720_ペン8


続く。

新しい駅舎でリニューアルした小淵沢駅。

小淵沢駅は、山梨県の最西端の駅。
中央本線と小海線の2路線が乗り入れておりますが、
今日は小海線の話をします。

中央本線の隣のホームに止まっている
レトロな2両編成の車両の電車が小海線。
HIGH RAIL 1375_170709_ペン1 

かなり年季を感じますが、小海線は、すごい電車!
中央本線の小淵沢駅から信越本線の小諸駅を結び、
標高日本1位~9位までの駅を小海線が占めているという高原列車。
とってもパワフルに標高の高い山奥を走り抜けるのです。

ちょっと小海線のホームまで行って、みてこようっと♪
HIGH RAIL 1375_170709_ペン2


ホームには、登山恰好の年配のお客さんの姿を多くみかけました。

かなり古そうな車両ですね。
HIGH RAIL 1375_170709_ペン3

駅の看板も素敵♪
HIGH RAIL 1375_170709_ペン4

小海線の時刻表。
この本数の少なさは要注意ですね。
しっかり時刻を把握して行動しないと大変なことになりそう・・
HIGH RAIL 1375_170709_ペン7


ホームには小屋風の建物を発見。
HIGH RAIL 1375_170709_ペン6


売店になっており、駅弁や飲み物など売っていました。
駅弁がなかり気になる・・・・
HIGH RAIL 1375_170709_ペン5


今、小海線がちょっと話題になっているのを知っていますか?
7月1日に、観光列車「HIGH RAIL1375」がデビューしました。
HIGH RAIL 1375_170709_ペン8

乗りたくてずっと狙っておりましたが、
くまぽっぽさんのおかげで、やっと座席をゲット。

明日、「HIGH RAIL1375」に乗ってきますっ!!


楽しみすぎる!!

「HIGH RAIL1375」のレポートは後日またお届けしますね。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |  NEXT»»